ズボラ株投資 月10万円を稼ぐ「週1ラクすぎトレード」テクニカルとファンダ投資の合わせ技

1日5分のチェックからOK。初~中級マスター編。


「このタイトル、超アオッているじゃないですか。


編集者にムリヤリ頼まれて、そこは譲歩したんですけど、


これだけはハッキリ言います。中身は、


めちゃ硬派で真面目な投資本です!」


草食系投資とは、「大勝ちよりも大負けの回避」を


コンセプトにした著者の造語。だが、視聴者は気づいていた。


「この人、草食系と言いつつ、チャート超詳しいし、短期投資も得意じゃん」と。


「草食系じゃなくて雑食系投資家に変更しては?」


「信用取引をやっている時点で、草食系ではないと思う」


「実は肉食系なんじゃ?w この地合いの中、利益上げれるなんて尊敬です」


そう、本書は著者の「肉食的」な技術にフォーカスした本。


といっても、相場全体がビミョーなときでも、


リスク管理を徹底させた上で「お小遣い」的に稼ぐのが趣旨。


No Moreハイリスク・ハイリターン。


投資で人生は変えられない。でも、財布の厚さは変えられるんだ!


株の入門・再入門に最適な1冊ができました。


ズボラ株投資 月10万円を稼ぐ「週1ラクすぎトレード」 [ 草食系投資家LoK ]




本の読書感想: テクニカル分析でスイングトレードをおすすめしている本。


とにかくチャートを見て鍛えて理想の形が出るまで


インするタイミングを計る、自分と相性のいい銘柄を探す、


利益を深追いしすぎない、定めたルールで機械的に


損切りという草食系という名前がぴったりなスタイル。


つみたてNISAやiDeCoなどインデックス投資の


次のステップとして読んでみるのもいいと思う。


テクニカルの基本を丁寧に解説し


YouTube解説同様とても分かりやすいです。


待ち伏せピンポイント投資で


短期取引をされたい方に向いてると思います。


月10万円の利益を出すためには、


相当な分析力が必要で、選ぶ銘柄は


誰もが知っている大手企業なので、


ある程度まとまった資金(最低100万以上)は必要。


初めて株をやるには敷居が高い。


片手間でサクッと7日で27.5万円稼いだ


個人投資家が株式投資で勝つための たった1つのシンプルな方法


株の短期売買で99%勝つための極意


鉄板シグナルで月10万稼ぐ 「待ち伏せピンポイント投資」の極意


勝率と利益率を究極までアップさせる LoK式テクニカル&ファンダの「合わせ技」


チャート分析を秒速で「血と骨」化する 短期売買ドリル16 などなど


最初から ラクではないが 色々と覚えた後は ラクかもしれない、、、


ズボラ株投資 月10万円を稼ぐ「週1ラクすぎトレード」 [ 草食系投資家LoK ]





本・書籍名: ズボラ株投資 月10万円を稼ぐ「週1ラクすぎトレード」


本・目次: 序章/第1章 個人投資家が株式投資で勝つためのたった1つのシンプルな方法/第2章 これだけは“絶対!”覚えておきたい株の短期売買で99%勝つための極意/第3章 鉄板シグナルで月10万稼ぐ!「待ち伏せピンポイント投資」の極意/第4章 勝率・利益率を究極までアップさせるLoK式テクニカル&ファンダの“合わせ技”/第5章 チャート分析を秒速で“血と骨”化する短期売買ドリル16/付録 YouTubeチャンネル「草食系投資家LoK Re:」視聴者アンケート


本・著者: 草食系投資家LoK(ソウショクケイトウシカロック)
草食系の個人投資家。金融機関出身のチャートおたく。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。大学院(統計学専攻)を卒業後、金融機関に就職。古臭い慣習の金融業界に嫌気がさし、16年間勤めたあと、2019年に専業投資家として独立。草食系投資を広めるべく、投資系YouTubeチャンネル「草食系投資家LoK Re:」を開設。ファイナンシャルプランナーとして、個人の金融相談や投資講座の運営も行い、現在では株式投資の他にFX(外国為替証拠金取引)や不動産投資も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


本・出版社: KADOKAWA


本の読書感想を、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら


☆ いつも応援クリック ありがとうございます ☆彡
ブログを読んで頂けたら、また読みに戻って来てほしいです。
あなたの声が、私の『やる気スイッチ』をONにします!
1日1回づつ3種 応援クリックお願いします。


にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ


↑3つのバナーリンク↑のクリックで
3つの各種ブログランキングの順位が上がります。
あちら側で当ブログの「ビジネス・生活・健康に役立つ読書習慣と本」を
「ポチッと押して、戻ってきてもらえる」と、心の支えになります♪

関連記事

コメント

非公開コメント